地方にいた!ゴッドハンドが操る内視鏡

還暦も過ぎると、身体にいろいろと不具合が出てきますね。

そんなこと、他人事と思って、いや、思おうとおもっていたんでございます。が。

が。いろんなことがあります。

そこで、まぁ、留意点をちょっとだけまとめますね。

じつは、命拾いしたといえるのです。

・・・

そう。命拾い。今思うとね。

きっかけは、車の運転でした。

電車が便利な東京暮らしの頃は、免許というものは何一つ持っていませんでした。

もし、私の名前を語るような人が出てきたとしても、写真付きの身分証明書がないため、自分自身を証明するものが、・・・なかったのでした。

いまは、マイナンバーカードがありますから、免許なくてもいいのですが。

それはともかく、高齢になってから車の免許を取って運転をするようになり、しかも、キャンプに出ることも多くなり、したがって、山の中をパジェロミニで走りまわるわけですが、そこで、ちょっと恥ずかしいのですが、

尾籠な話で恐縮ですが、「切れ痔」になったのかな、と思ったのでした。

大いなる勘違い

いろいろと試しました。

仕事用のイスだけでなく、食事のイス、もちろん車の座席、円座のようなクッションを選んで購入。言ってみれば、安く治そうとたくらんだのですね。

そんなことで治るはずもなく、仕方なく、受診しました。

「肛門科」

その名を発するのも恥ずかしくて顔が真っ赤になるのですが、「肛門科」

お尻見られました。

それから、半年。飲み薬と肛門への軟膏、2週間ごとに出してもらってきました。

治ったり出血したり…。

つい最近になって、ある知人から勧められました。

「セカンドオピニオン」

そう。別の意見、いえ、受診ですね。

しかたなく、別のお医者さんにかかったら、即座に、血液検査に超音波診断。

そしてそして、大腸内視鏡検査の予約を、いきなり入れられてしまったのでした。

あああ。

鼻から胃の内視鏡体験はもう、何度もありますが、大腸はまだ、初体験。怖いわけじゃないんですが、避けて歩いてきました。

内視鏡は簡単でもね

そう、内視鏡に関して、今回のお医者様は、名人級でした。

いえ、ブラックジャック、いえ、ドクターキリコ、いえ、あの、ドクターX・・・もう、でませんが、とにかく、すごい先生らしいのです。

生まれたときに、その手に内視鏡を握っていた

という、まことしやかな伝説があるようなのです。

このとき、手の先が、ハサミというシザーハンズが、頭をよぎったが、まぼろしだと思う。

手が、内視鏡…、伝説です。

 

大変でした。検査当日、2リットルの下剤を2時間ぐらいかけてのみます。

それで、すべてを出し切るのですが、ずっと、血が混じっている感じ。

あとで、謎がとけるのですが・・。

病院のイスのイメージ

検査。

さすがです。

何気ない会話のうちに、もう、目の前のモニター画面には、私の直腸から結腸へと映しだされているのです。

とりあえず、盲腸までいっちゃうのですね。

そこから、Uターンしくるんですね。

見つかりました。ポリープちゃん。

ほかにも、出血か所が。

そうかぁ、やっぱり、切れ痔じゃなかったのね。

でも、これならと、切除し易いところだそうです。

早くセカンドオピニオンに切り替えてよかった。ほんと。

ゾっとしてグっ

それしても、あのまま、切れ痔のつもりで以前の医院に通っていたら、この大腸、もっともっと悪くなっていたのに違いありません。

皆さまも、どうぞ、次の言葉を、復唱してください。

はい!

「セカンドオピニオン、だいじ!」

ご唱和ありがとうございました。

 

それにしても、地方にも、ゴッドハンドが存在するのです。

いえ、地方のゴッドハンドこそ、都会と違って意外に気楽に受診できるのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました