ペットがいると笑顔が増しまし

どうなんでしょうね。

自分自身が高齢になってくると、もう、動物を飼うと、最後まで面倒がみきれないのではないかって、考えちゃうわけです。

どっちが先に逝くのか、縁起でもないと言われそうですが、イヌやネコでいえば、まあ、おおむね、15年は生きるのではないかって思うわけです。

それはまぁ、いいのですが、ひるがえって、自分はどうかって思うのです。

ね。思うよね。

世に言うでしょ。

むかしから、天才は夭逝する。

やっぱり美人薄命でしょう

憎まれっ子世にはばかるってね

 

ちょっとあげただけでも、こんなになるわ憎まれっ子世にはばかるってねも、私のような片隅に暮らす人間は、長生きしそうにないと言わざるを得ないと。

そこで、ためらうのですが、ここは思い切って、飼ってみましょう。

ペットは世界を救う…か

わたし、7年前から、東京を捨て、いえ、捨てられ、田舎暮らしをしているわけです。

土地もひろいし、緑もたくさん、ちょっと行けば、打ち寄せる波。

 

こんな自然みたいなものがいっぱいあるところだから、動物いっぱいいるし、子どもたちは動物になれていると思っていたら、いえいえ・・

そんなことありませんねん。

うちで、昨年夏から、保護猫を飼い始めたら、ネコを初めて触ったという小学生が何人もいるのですね。

信じられますか?

ネコ、さわって、大喜びで、

「ママ、さわれた!」

なんて、見下ろしている母親を見上げて叫ぶわけです。

もう、大喜び。

 

この、保護猫は、まだ2歳になるかならないかですが、町を放浪しているところをNPOに保護され、それが私どもに回ってきたということです。

 

だからなのでしょう。

人のありがたみがわかるのかどうか、人間大好きなんですね。

 

もう、誰にでも、すぐになれちゃう。

先ほどの子どもたちも喜んでいますが、このネコが、ひょいっと膝の上に乗ろうものなら、女性たちは、それだけで、狂喜乱舞。

乱舞は、大げさではありますが、大喜びの3乗ぐらい喜んでもらえました。

その時のスナップがこれ・・・

 

じつは、最近、こんな地方でも、ネコを外飼することができず、だからといって、家の中で育てるのもむずかしくなっているんですね。

こんな地方でも。

だから、わたしが代わりに飼っちゃおうということだったのでした。

 

面白いのは、意外にも、おじ様たちが、きっとうれしそうに、なでなでしていくのです。

これって、昔を思い出すのでしょう。

 

ふだん、にこりともしない方々が、なんと、それこそ猫なで声で、語り掛けたりして。

 

飼ってよかった。

あとは・・・

どちらが長生きできるか。競争だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました