65歳を過ぎたら、白内障手術は必要?

人間、長く生きるもんじゃありいません・・ね。

60年以上も生きてくると、身体の部品だって、耐用年数を過ぎちゃうわけでしょう。

そのひとつが、眼。

瞳。

レンズ。

もう、どれも十分に使ってきたわけで、もう、いいか、と思わないわけでもないので、もう、ぼんやり見えていればいいかと思うわけです。

もう、いつ死んでもいいし・・・

・・・

でも、まだ、死にたくないし、いろいろと見聞をひろめたい。

いや、そんなだいそれたことじゃなくって、きれいなものをきれいに、見たいというのは、まあ、人情というものでしょう。

一昨年ぐらいから、眼科にいって、検査を受けてきたのですが、いよいよ、今年、白内障の手術を受けることとなりました。

見たくないものも見たい

どんな症状があったかというと。

パソコンでの文字が見えにくくなってきたわけです。

さらに、夜、車の運転をしていると、まぶしくてまぶしくて、怖くなるほどなんです。

ひどいときには、まぶしい光に向かって、車を走らせるわけで、これはもう、ほとんど自殺行為に近いものがあります。

 

さて、来月、いよいよ、右左…と手術することになりました。

手術は、もう、決まったわけでして、あとは、もう、マナ板の鯉ということですが、じつは、本日、術前の検査がありました。

 

視力検査などがあってから、目薬をさしてもらい、さらに、写真撮影…

それが、これです。

もちろん、一部です。

わ。

ちょっと、怖いですね。

なんか、濁っている、そんな感じは、素人でもわかるような気がします。

 

さぁ、これを、どこまで改善できるのでしょう。

楽しみです。

 

おっと、その前に、術前1週間、点眼するのです。

忘れいないようにしなきゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました