マイナポイントなら東京も田舎も同じ

政府の施策は、どうも東京に厚く、地方には薄いのでは、と思われがちですが・・、

じっさいのところそんな傾向もありそうです。

でもね、今回のマイナポイント事業、全国一律です。

詳細は・・・

マイナポイント事業
「マイナポイント事業」のサイトです。本事業は、マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とする事業です。

ご覧いただけましたか?

要するに、キャッシュレスでお買い物したら、25パーセント還元されるようです。上限は5000円ですが。つまり、20,000円分のお買い物で5,000円ということですね。

そんなあ。やっぱりお金使わなきゃ、いけないのだ。

・・・それは、まぁ、そうですが、なんだかんだで20,000円はつかうってことあるんじゃないでしょうか。わたしは、まぁ、どうなんでしょう。それについても考えてみましょう。

マイナポイント必要ない?

とりあえず、マイナポイントでいうところの、「キャッシュレス決済」

それをみていきましょう。ね。

先ほどのサイトには、こんな説明があります。

Cカード(電子マネー)・QRコード決済・
クレジットカードなどからなる100種類以上の幅広い決済サービスよりお選びいただけます。

そして、画像もあります。

コピーしてみますね。

どうですか。

すごいでしょ。って、私が威張ることないのですが。120個近くありそうですね。

重なっているもありますが。

このなかにだったら、皆さまのご利用のもの、ありそうですが、いかがでしょう。

いつごろサービスが?

さてと、キャッシュレス決済があったとして、どんなふうに買い物すればいいのでしょう。

マイナポイントの申込み完了後、
キャッシュレス決済サービスで2万円のチャージもしくはお買い物をすると、
選択したキャッシュレス決済として
上限5,000円分のマイナポイントが付与されます。

(2020年9月1日〜2021年3月31日)

ざっというと、こんな感じですね。

まぁ、簡単に言うと、9月から半年間に、あるキャッシュレス決済で20,000円分のチャージや買い物すると、ポイントがもらえるわけです。どのくらいかといいますと、5,000円までなんです。

図で説明すると

ということです。

まぁ、細かいことは別として、カードやスマホ決済だったら、地方でも可能です。

例えば、そう。アマゾンや楽天などのようなネットでの買い物をクレジットカードで支払えば、ポイントが付与されるんでしょうね。おそらく、そんな感じでしょう。

申し込みは?

申し込みは、これが、私たち中高年、いえ、はっきり言いましょう。私のような高齢者には、難しいかも。

パソコンで申し込むか、スマホで申し込むかなんです。前提として、マイナンバーカードは、当然必要です。これがないとね。

でも、先日の、特別給付金のときに交付してもらった方多いのでは。

それから、パソコンの場合、マイナンバーカードを読み取るためのカードリーダーが必要です。

スマホの場合は、やっぱり、カードを読み取る機能が必要なんです。

・・・

ああ。めんどう。

そんな方、朗報です。

市区町村窓口・郵便局・コンビニ(マルチコピー機・ATM)・携帯ショップなど、
約9万箇所(今後開設するスポットも含む)に、
マイナポイントの予約・申込のための端末を設置します。

ね。全国9万箇所ですって。( )のなかは、ご愛敬。

マイナポイント手続スポット

このマークのあるところなら、申し込み手続きが、きっと簡単にできるに違いありません。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました