詐欺メール?LINEにご登録のアカウントの確認

毎日毎日、しょうこりもなく、迷惑メールがやってきます。

敵もさるもの。

これだけ出していれば、1個でも引っかかれば、もうけものなんでしょうね。

前回は、Amazonをかたった迷惑メール。

フィッシングサイトへの誘導メールでした。

結論は、リンクにさわっちゃダメってことでした。

万が一、クリックして、個人情報入れちゃった場合、即座に、クレジットなどの会社に電話しましょうね。

今度は、みんなも大好き、LINEからみです。

何が本物なのか?

だいたいが、メールで大事なことは、聞き出そうとはしないのでしょうが、ときに、ショッピングサイトからそれらしいことがメールで来るので困っちゃいます。

どれが本物でどれが偽物なのかここのかとおか。

おっと。ふるー・・・

大変失礼しました。だって、さっき、「にせものなのか」って打ったら、『偽物七日』って表示されたので、つい、ここのか、とうか、って・・。

さて、閑話休題。

問題の今朝方きた問題のメールです。

件名:LINEにご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認 8:19:31

お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。お客様のアカウントの安全のために、ウェブページで検証してお願いします。

こちらのURLをクリックしてください。安全認証

https://www.ngjtuewed.***/manage/setup******=orderId=***

 

この時、旧端末のLINEへ公式アカウント(LINE)から「他のスマートフォンであなたのアカウントが使用されようとしています」というメッセージが届きますが、もちろん自分で操作していることなので、そのまま手順を進めましょう。

※URLの安全認証有効期限は毎日8時から15時までです。

——————————————————————————–
LINE
LINE Corporation


念のため、一部、伏字にしてあります。おそらく、クリックしても大丈夫でしょう。

よく読むと、ちょっと日本語としておかしなところがあります。

『異常ログインされたことがありました』

って、へんですよね。

『異常ログインされました』でいいと思うのですが。

ちょっと、翻訳調とでもいうのでしょうか、異常ログインされた、という経験が、完了したような感じでしょうか・・。いとおくゆかし、というところでしょうか。

ふざけている場合ではありません。

このメールの送付元はといいますと、こんなんです。

LINE <ssbjtaef@sxt.net.cn>

ドメインの最後の「cn」は国名をあらわしています。

Wikipediaによりますと、

cnは国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、中華人民共和国に割り当てられる

とあります。

ただ、今回のように、NET.CNって、じつは誰でも取得可能なんですね。

中華人民共和国で登録しているわけではないのです。

怖いですね。

ご自分のWebサイト用に- GoDaddy JP中国ドメイン名 .NET.CN
中国をベースにした最適な .NET.CN ドメイン名を GoDaddy JP で登録して、検索結果で世界中からの注目を集めましょう。今すぐ .NET.CN ドメインを購入しましょう!

こんなサイトもありました。

(略).net.cn 以上に良いドメインはありません。.cn のローカリティに追加された、 .net 特定のドメインを提供します。.net.cnドメインは形と機能の完璧なコンボです。ご自用にひとつ取得してみる必要があります。

年間¥745/年 (1 年目)で取得できます。

要するに、誰でも、名乗れるわけですね。

けっきょく。

LINEとは無関係でしょう。だから。

クリックしちゃダメ

無視するのがいいでしょう。

それにしても、LINEまで、標的にされているのですね。困ったものです。

メールでいきなり来るのは、信じるなってことでいいようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました