危険・スマホどっかに置き忘れ?!

いまやスマホは、情報の宝庫といえるでしょう。

え? とくに、使いこなしていない? でもね、電話しているでしょう?

LINEしているでしょう? アプリ使っているでしょう?

 

それだけでも、相手の方の情報も入っているわけです。

さらに言ってみれば、スマホなくしちゃうと、友達の電話番号もわからなくなっちゃうわけです。

 

「ワシのメガネはどこかな?」

「またあ、おじいちゃん、おでこにメガネ」

「フォッフォッ・・やっちまったな」

 

なんてね。

よくある昔のギャグでした。かつては、メガネを置き忘れちゃうということがありましたが、今どきは、スマホです。

あっちこっちに置き忘れちゃうわけで、そんなときは、

「ちょっと、みちこさん、わしのスマホに電話してくれんかね」

「義父さん、またですかぁ? 待ってくださいね」

・・・

「あらぁ? ママのスマホどこかしら・・」

 

いや、つまんない会話、失礼しました。

さて、アンドロイドのスマホの場合、グーグルアカウントがあれば、所在がわかりますし、ロックをかけたり、はては、データを消去することも可能です。

 

では、やっていましょうね。アイフォンの場合も、icloudでできるようですね。

 

グーグルアカウントで探す

探す前に、条件があります。

だいたいの場合は、大丈夫です。

その条件とは…

  •   電源がオンになっている
  •   Google アカウントにログインしている
  •   モバイルデータまたは Wi-Fi に接続している
  •   Google Play での表示がオンになっている
  •   位置情報がオンになっている
  •   「デバイスを探す」がオンになっている

 

うーん。後半が難しいでしょうか。

「設定」のところで、位置情報をオンにしてあれば大丈夫です。

デバイスを探す・・・については、次のサイトを確認してみてください。

Be ready to find a lost Android device - Android Help
To be prepared in case you lose your phone or tablet or Wear OS watch, you can check that Find My Device can find it.If your device is already lost

 

それでは、所在不明のスマホをパソコンから探してみましょう。他のスマホからも可能です。

  1. android.com/find にアクセスして、Google アカウントにログインします。
  2. 紛失したスマートフォンに通知が送信されます。
  3. マップにスマートフォンの現在位置が示されます。
  4. 希望する操作を選択します。

 

こんな流れです。

ちょっとやってみましょう。

 

googleアカウントにログインしましょう。

 

そして、デバイスを探すというところをクリックすると・・・

この、Oppo A5 2020 というのが、今、私が使っている、楽天モバイルのとっても安いスマホなんです。

で、この部分をクリックすると、

 

ね。

いきなり、こんな地図。

じつは、もっと地名などがわかる縮尺で出てきました。すごいでしょう。

ただ、面白くないので、島根県ということがわかる縮尺にしてみました。

 

左の項目をご覧ください。

 

まず最初に、「音を鳴らす」をクリックしてみましょう。

おお・・・・音が。

 

手もとのスマホが軽快に鳴り出しました。

「着信音を停止」で、止まります。

 

あとは、メニューをご覧ください。

 

「デバイスの保護」と「デバイスデータを消去」とあります。

いいですね。

手もとになくなって、データ流出が怖ければ、保護または消去しましょう。

 

地図は、どうなんでしょうね。家のなかの2階の押し入れの中なんて具合に表示されますかどうか…。

少なくとも、駐車場の車の中とか、ファミレスに置き忘れなんて具合なら、わかりそうです。

この方法、覚えておくといいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました