中高年だけど、死んでたかも?検査大事

お盆真っ最中。

今年は、密を避けて、皆さまお帰りあそばしましたか?

私還暦過ぎの中高年、マリオですが、静かに自宅ですごもり中です。

あなた、もしかして、中高年? 失礼しました。

でも、いつかは中高年になります。

そうなったときに、思い出してほしいのです。

検査を馬鹿にするな!

大事なので、もう一度、言います。

検査をバカにするな。

じつは、私、ずっと健康診断は受けていました。その意味では、真面目でした。

でもね、それに従ったかというと、そうでもないのです。

それで、命の危険にひんしているのです。

だから、もう一度、検査をばかにするな!

検便は意外に大切

尾籠なお話で申し訳ありません。ひらがなで、もういちど、びろうなお話で申し訳ありません。

そういえば、小学校の時も、検便ってやりましたね。ね。

僕の時代って、なんか、検便の袋を、マッチ箱に入れて学校に持って行ったような記憶がありました。え? ぼくだけ? そうかもしれません。昔のことですし、静岡のお話ですし。

それはともかく、もう、何年前ぐらいからでしょう。

検便の検査で、潜血が、2回のうち1回出るようになったのでした。

検便

そのうち、2回が2回ともプラスになったのでした。

結果用紙には、「要精密検査」なんて字が踊っていたようでした。

だけど、それを、スルーしていたのでした。

しかも、ある年のある週の週刊誌に、こんな特集があったのでした。

2019年2月28日の記事でした。

http://wgen.kodansha.ne.jp/archives/56887/

えーっと、削除されちゃうかもしれないので、引用します。

週刊現代記事

ね。すごい記事でしょ。

65歳以上、やめなさいっていうのです。

でも、声を大にして言いたい!

65歳以上の方、検査しましょう!

大腸内視鏡あっという間

わたしは、命を救われた思いです。

というのも、潜血もほっておいたのですが、さらに、切れ痔だと誤解していたのでした。

しかも、近所の肛門科のお医者さんにいったら、やっぱり、切れ痔との診断でした。

そこから、えんえん、なんと、8か月。

切れ痔のお薬を処方してもらっていたですが、快方に向かうどころか、ちっとも変わらず。

そこで、べつのお医者さん、出雲市で最初に、鼻から内視鏡をしたというお医者さんにかかったのです。

内視鏡

えーっと。出雲市で最初ではなく、日本で最初というお話もあります。

百聞は一見にしかず

大腸内視鏡って、前段階が面倒なんですね。それだけ。

内視鏡検査自体は、かんたんです。

しかも、面白い。

胃カメラの比ではありません。

だって、胃よりも長いから、ずっと楽しめます。

覚えていますか?

「ミクロの決死圏」

ミクロの決死圏 : 作品情報 - 映画.com
ミクロの決死圏の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。アメリカ亡命の直後に襲撃され脳内出血となり、外科手術が不可能となった要人を救うため、米政府は医療チームを潜水艦ごと...

面白かったですね。たしか、リメイクもされたかと思います。

まるで、血管を行くミクロに縮めた潜水艇のように、大腸の中を進んでいくのです。

ぜひ、この楽しみをあなたも。

・・・そして。

潜血の原因は、切れ痔などなかったのです。

ポリープも見つかりました。潰瘍状の出血か所も見つかりました。

あのままだったら

ゾッとしました。

もし、切れ痔の薬だけ、使っていたら。

きっと、もっともっと悪化していたことでしょう。

ぜひ、ミクロの決死圏的、大腸内視鏡検査、ご体験ください。

潜血があるかた、一刻も早く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました