爪が荒れていたら要注意!秘かに出血かも

あるとき、急に爪が薄くなったなぁ、と感じたんです。

なんか、波打っているようでした。先のほうは、割れてきています。

いまは、お医者さんに行って、改善されてきているのですが、いまも、割れています。

まぁ、お見せするほどのものでは、ありませんが・・・。

こんなふうです。ひどいのは、右手。

爪の写真

左手も。

左手

なんか、よくなってきてはいても、変でしょ。変ですよね。

ただ、いろいろと検索してみましたが、あらかじめ、申し上げます。

爪の変化を見逃すな!

です。

血液に問題あり?

ネットで検索するといろいろと対策がでています。

多くは、栄養状態に関することのようです。

ついでながら、傍証があります。

私マリオ、東京時代から、献血を続けておりまして、通算、55回となっています。

それで、今年の4月ごろだったかと気を駆使ているのですが、56回目の献血をしようと松江の血液センターにいったら、なんと、ヘモグロビンの価が下回っているので、献血できません、と言われちゃったのです。

50回以上もやっていて、初めての経験でした。

ちなみに、現在の献血は、ネットでデータを確認することができます。

これも、恥ずかしながら、アップしましょうね。

ヘモグロビン量

55回目のときのデータをみると、ギリギリだったのですね。これが、2月10日だったのですね。

4月には、この値が、10以下になっていたようなんです。

つまり、もう、献血できない状態になっていたわけなんですね。

鉄分をとれ!

こうなったら、食生活の改善と思ったわけです。

レバニラ炒め

レバー炒めやホウレン草など、鉄分が豊富と言われている食事にしたのですが、爪は改善されません。まぁ、かんたんにはよくならないだろうなと思っていたわけです。

じつは、血液センターのお医者さんにちらりと言われたことがありました。

便秘している場合とか、痔があるとき、そうなることがある・・・とか。

このころ、ブログにも書いたことがありますが、わたしマリオは、切れ痔だと信じて疑わなかったのでした。

だから、痔にいいというクッションをやたら購入して試していたのでした。

でも、改善するわけもなかったのです。

・・・もうひとつ、大きな誤解がありました。

昨年の10月ごろから、出雲市内の肛門科の先生に診てもらって、痔の薬を服用していたのです。

飲み薬と軟膏です。

結局、8か月、痔だと信じて服薬していたのです。

真面目でしょ。

敵は本能寺?!

本命は、大腸でした。

内視鏡の専門の先生に診てもらったら、なんと、即座に、大腸内視鏡検査の予定を入れてもらいました。それも、通常考えられないスピードで。

ついでながら、超音波エコーで、肝臓など内臓を調べてもらっていました。

そして、造血剤の一日おきの注射を言われたのでした。

結局、この注射、10回やっていただきました。

出血は、大腸でした。

さらに、慎重を期して、胃カメラも鼻からのんで調べてもらいました。

こちらは、問題なし。十二指腸まで見えましたが、きれいだといわれました。

結論!出血は見えないところにも

爪が割れていたら、とにかく、検査しましょう。

見えないところで、出血していることがあるかもしれません。

しかも、たらたらたらと、あなたのキレイな血液が漏れているかもしれないのです。

ぜひ、甘く考えず、検査をしましょう!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました