仕事有り〼すでに地方分散のサポート業界

出雲にアイターンした居場所管理人の店長マリオです。

東京から、地方に来ても、何かあるだろうなんて気軽にターンしてきたのです。

もともと、中古パソコンの販売サイトを運営していましたが、まぁ、もう、あんまり売れないだろうし、売るのもめんどうだし、なんて、仕事をさがしました。

目指すは、粘菌生活者。いえ、年金生活者。

65歳まで働ければいいと思っていました。

いまや、ネットでもハローワークの求人の検索もできます。

島根県 出雲市の求人 | ハローワークの求人を検索
島根県 出雲市の求人は1660 件あります。ハローワークの求人を検索

そんな中で見つけたのが、パソコン販売会社のサポートでした。

これは、いいお仕事でした。

言ってみれば、最新パソコンの情報も勉強できるわけです。

応募したら、なんと「採用」されちゃいました。

当時、60歳直前だったかと思います。

そこで知った事実それが・・・

電話サポートは地方が熱い

うーん。違うかな。

要するに、もう、地方分散がはじまっていたのですね。

私が入社したのは、あるパソコンメーカーの電話サポートの、いってみればコールセンターとでも言いうのでしょうか。ユーザーからのSOS電話を受けて、電話だけでサポートするわけです。

こんな感じです・・

コールセンター男性

これは、意外に楽しい仕事でした。

だって、その時売っているパソコンを使っているユーザーからの質問を受けるということは、最新情報を知っていなければならないんです。

地方にだってこういう面白い仕事があるのです。

否。

いや、

はっきり言いましょう。

こういう仕事は、都会にはないのです。地方にあるのです。

なんて、きっぱり言い放ってしまうのですが、いいのかなぁ・・。

でも、私マリオがやっていたメーカーのサポートを電話でしている拠点は、地方に何か所かあるし、なんと、海外にもあるらしいのです。

なぜなんだんだ。

そう。もろもろ、安いからでしょう。

地代・人件費・その他インフラ・・・

若者にも中年にも

私マリオはお勧めしちゃいます。

この仕事、まずは、研修期間がしっかりとってあります。

その間も、ちゃんと自給が支払われます。

研修期間も、こんなにあって、いいの? って具合ありました。

研修最後の頃は、電話でのサポートを受けるようなテストがあります。場合によっては、というか、クレームだってあるのです。

メーカーの方に叱られるかな、あんまり書くと。

ちょっとだけ書きますが、いちばん多いサポートが、

パソコンが起動しない

電源を入れても、画面が真っ黒

ロゴマークから進まない

こんな感じです。

つまり、正常に立ち上がらないというのがまぁ、多いのです。

 

さて、こんなとき、皆さんは、どうサポートしますか?

ちょっとだけお教えします。

パソコンにつながっているケーブル類をはずして、いくつかの手順を踏みます。このあたりあまり詳しくは書けないのですが、慣れていない方にとっては、けっこうこれだけでも大変かもしれません。

その後、キホンのケーブルだけつないで立ち上げると、これが、あら不思議、立ち上がることが多いのです。

 

これで立ち上がらない場合、ときには、デスクトップパソコンの場合、そう、私マリオが配属された部署は、法人担当だったので、デスクトップパソコンの場合が多かったのですが、いろんなことをお願いしたりしてから、おもむろに、箱を開けてもらうのです。

・・・

ここからは、まぁ、いろんなパターンがあります。

でも、マザーボードのキホンのそのまたキホンまでいくと、うまくいくことが多いのでした。

おっと、よゐこは真似をしないでくださいね。あくまで、自己責任です。

地方移転待ってます

今回は、いち早く地方移転、分散したお仕事について書きましたが、ほかにもあるんです。

この春からの、新型コロナ感染を防ぐには、3密をなんとか解消しなくてはならないのでしょうが、そのためには、地方への移転・分散が必要でしょう。

まずは、国会や霞が関が移転するのがいいでしょうね。いや、必要でしょう。

地方の居場所ひろばの店長マリオは待っています!

みんなの居場所ひろば
出雲市の居場所ひろばです。放課後は中学生の自学室に。店番のマリオこと南條明がお湯をわかしております。セルフでコーヒー紅茶、地元の唐川番茶などお楽しみください。

そして、仕事を求める若者・中高年、いらっしゃーい。

なんちゃって。あ。すべて、自己責任のお話です。m(__)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました